トップ 最新 追記

のろのろのろ雑記

2006|05|06|07|08|09|11|12|
2007|01|03|04|05|10|
2008|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2009|02|03|04|05|
2012|08|09|11|12|
2016|04|09|11|

2012-08-19 [P2PQ] 毎秒何接続さばいているかを調べる

_ [P2PQ] 毎秒何接続さばいているかを調べる

あらすじ。

p2pquake.ddo.jpサーバが落ちて、もともと計画停電用に契約した"さくらのVPS 2Gプラン"で動かしていた(Debian上のVirtualBox上の)Windowsに処理を肩代わりさせることに。

…というところまでは良かったんですが、仮想環境上のWindowsは動作がもっさりとしていて、かつVB6の擬似マルチスレッドは効率が悪すぎて、アクセスをさばききれませんでした。ちゃんちゃん。

本題。

いったいP2P地震情報サーバへの接続は、1秒あたりどのくらい来ているのか。2012年8月18日(土)の状況を調べてみました。

20120820_p2pq-server_acceptgraph.png

ピーク時にだいたい6接続/秒くらい。

8月18日はほぼ3サーバ体制で動いていたので、(接続が3サーバへ均等に分散していたとすると、)全体としては6×3で18接続/秒くらいになります。

いまの設計だと、いちばん良い条件で8000ピアで13接続/秒くらいなんですが、30〜40%くらい差がありますね。ふむ。