[WinVista/Server 2008] USBオーディオデバイスに関する修正プログラムが利用可能です

KB944681: A hotfix rollup for the USB audio driver is available for Windows Vista-based and Windows Server 2008-based computers

対象
・Windows Vistaのすべてのエディション (64ビット版を含む)
・Windows Server 2008 Standard/Enterprise/Datacenter (Hyper-V無効時やfor Itanium-Based Systemsを含む)
概要
 この修正プログラムでは、次の不具合を修正します。

  • レガシーUSB MIDIデバイスが表示されない、認識しない。ただし、Windows XPには表示される。
  • USB オーディオデバイスの名前が間違って表示される。
  • USB オーディオデバイスで、出力として多重化出力(MUX)が選択できない。
  • USB オーディオデバイスがオーディオエンジンと同じ位置に登録しない。
  • 取り外すと、ソフトウェアがフリーズしたり、CPU使用率が100%になったりする。
  • USB オーディオドライバが、中央の周波数(?)を不正確な値に示す。
  • USB オーディオドライバが、プロセッシングユニットノードに特定のモードを設定できない。

 また、次の改良を含みます。

  • USBバスドライブで、デバイスの起動失敗に備えることができます。
  • USBデバイスで、MPU状態の保存・リストアが可能になります。
  • USBオーディオデバイスで、スタンバイやその復帰によるAVStreamキューのロックが可能になります。
  • USBオーディオデバイスがコミュニケーションデバイスかどうか決定する処理が新しくなりました。
詳しい情報
 この修正プログラムは、Microsoftへ問い合わせることで入手できます。
TOP