[WinXP] リモートデスクトップで0x1000008Eが発生する不具合

3 月 13th, 2009 | Tags: ,

Microsoft KB963038によると、Windows XP Professionalへリモートデスクトップ接続を行うとき、解像度を変更して再接続すると、接続先で STOPエラー  0x1000008E (KERNEL_MODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED_M) - RDPDD.dll が発生するそうです。

発生するケース

Microsoftでは、次のようなケースで発生するとしています。

  1. Windows XPコンピュータに、リモートデスクトップ接続を行う。
  2. いったん切断する。
  3. 別の解像度設定で、同じコンピュータにリモートデスクトップ接続を行う。
  4. 接続先であるWindows XPコンピュータがクラッシュする。

0x1000008E KERNEL_MODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED_Mとは

0x0000008E (KERNEL_MODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED)とほぼ同じSTOPエラーです。

コンピュータ(CPU)には、すべてのデバイス・メモリ領域に自由にアクセス可能な「カーネルモード」と呼ばれるモードがあります(カーネル[核]はOSの中心部分のこと)。このモードで動作しているプログラムにおいて、ハンドルできない例外(=処理できない想定外のエラー)が発生した、ということを示しています。

主な原因は、ドライバの不具合やメモリの異常です。STOPエラーに記されているドライバや、最近インストールしたもの、エラー発生時に立ち上げたソフトウェアが使っているものなどを中心に、ドライバのアップデートやアンインストールを行うと、直ることがあります。

今回の不具合については、エラーや修正ファイルに”RDPDD.dll (DD=Display Driver)”の名前がありますから、このドライバの不具合によるものと考えてよいでしょう。

TOP