[Vista/SV2008] スリープ時に”STOP: 0x0000009F”が発生する問題を”再修正”

Microsoft KB962201にて、Windows Vista, Windows Server 2008で、スリープ突入/復帰時に “STOP: 0x0000009F DRIVER_POWER_STATE_FAILURE” エラーが表示される不具合について、再修正するプログラムが公開されました。

“再修正”

“0x0000009F”については、既に複数の修正プログラムが公開されています。以下はその一部。

原因が明記されているもの、されていないもの… 「またか」と思いたくもなるものです。現象に悩まされている方は、”一か八か”くらいで導入するほうが気が楽かもしれません。

0x0000009F DRIVER_POWER_STATE_FAILUREとは?

このSTOPエラーは、「シャットダウン」「スリープ」「休止状態」のように、コンピュータの電源状態が変化するときに、周辺機器や機能の制御を行う“ドライバ”が、その変化を正しく処理しないことで発生します。

TOP