[SV2008] DHCPサーバが、古いDHCPクライアントのDNSレコードを登録しない

MSKB英語版: A Windows Server 2008-based DHCP server does not register DNS records for earlier version DHCP clients that do not send option 81 to the DHCP server (KB967363)

対象

  • Windows Server 2008 (Standard/Enterprise/Datacenter)

現象

  1. DHCPサーバ機能を有効にします。
  2. 「更新を要求しない DHCP クライアント (例 : Windows NT 4.0 を実行しているクライアント) の DNS の A および PTR レコードを動的に更新する」オプションにチェックを入れます。
  3. FQDNをサポートしていない、古いバージョンのDHCPクライアントが、オプション 81(クライアントFQDN)を送信することなく、IPアドレスを取得しようとします。

このとき、DHCPサーバは、この古いDHCPクライアントのDNSレコードを登録しません。そのため、DNSを使って、これらの古いDHCPクライアントにアクセスすることができません。

ちなみに…

Aレコードは、ホスト名からIPアドレスへの正引きに。PTRレコードは、IPアドレスからホスト名への逆引きに用いられるものです。

FQDN は Fully Qualified Domain Name(完全修飾ドメイン名)の略で、 help.example.com のように省略せずに記述する形をいいます。

原因

DHCPサーバサービスが、古いDHCPクライアントに対する動的更新のフラグをセットしないために、DNSにクライアントのホスト名が登録されないことが原因です。

解決策

MSKB英語版の冒頭にある「利用可能なHotfixのダウンロード」から、修正プログラムを入手できます。

回避策

修正プログラムなしに問題を回避するためには、古いDHCPクライアントにIPアドレスを割り当てるたびに、手動でDNSレコードを更新する必要があります。

No comments yet.
TOP