[Outlook2007] Outlook 2007でメールを送信すると、受信者側で Winmail.dat という添付ファイルが表示される

12 月 7th, 2008 | Tags: , ,

KB958012: The recipient of an e-mail message sees an attachment that is called Winmail.dat when you use Outlook 2007 to send the e-mail message

対象
・Microsoft Office Outlook 2007
現象
 Outlook 2007を使ってメールを送信すると、受信者には Winmail.dat という添付ファイルが表示されます。
原因
 受信者の使用するメールソフト(メーラー)が、特定のメッセージ形式・機能をサポートしていないために発生します。
解決策

 Outlook 2007(送信者)のコンピュータで、次のような設定を行います。ただし、レジストリの書き換えを伴います。失敗すると深刻な問題が発生する可能性があります。

  1. KB957692から、修正プログラムをインストールします。
  2. DisableTNEF レジストリエントリを追加します。そのためには、次のような手順で行います。
    1. Outlook 2007を終了します。
    2. レジストリエディタを起動します。スタートメニューから、「検索の開始」ボックスに「regedit」と入力、「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力してください。
    3. HKEY_CURRENT_USER → Software → Microsoft → Office → 12.0 → Outlook → Preferences と辿り、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Preferencesを開きます。
    4. メニューの「編集」→「新規」→「DWORD値」を選択します。
    5. DisableTNEF と入力してエンターキーを押します。
    6. DisableTNEF を右クリックし、「修正」をクリックします。
    7. 「値のデータ」に「1」を入力し、OKボタンを押します。
    8. レジストリエディタを終了します。メニューの「ファイル」→「終了」をクリックします。
TOP