503 HTTPエラーとは… 原因と対処法

2009/3/12 19:00
はてなブックマーク livedoor クリップ Buzzurl
ひとことで:
  • アクセス集中やメンテナンスなどで、サーバーやサービスが利用できないことを示すエラー

HTTP 503 - Service (Temporarily) Unavailableとは

HTTPステータスコードのうち、503は、サーバーやサービスが利用できないことを示すエラーです。原因として代表的なものは、次の通りです。

原因1. アクセスが集中しているか、データ転送量が制限に達している

人気サイトや、画像の多いアップローダサイトでよくある現象です。

アップローダサイトでは、1分(1時間)単位で転送量が制限されていることが多く、その転送量に達してしまうと、このようなエラーが表示されます。特に、アクセスの多い深夜や休日には、頻繁に見られます。

利用者側の対処法としては、「時刻を正確に合わせ、0秒を狙ってアクセスする」ことが挙げられます。転送量の計算は0秒でリセットされるのがほとんどですから、高確率でアクセスできます。

運営者側の対処法としては、とにかく転送量や負荷を減らすことに尽きます。テキスト系のコンテンツが多く占める場合は、gzip圧縮(mod_deflate)なども効果的です。

原因2. 同時ダウンロードをしようとした

アップローダサイトや、大容量のデータ配布などでよくある現象です。

サービスを運営する”サーバー”の性能にも限界があります。その性能をなるべく多くの人に、均等に配分するために、同時ダウンロード(同時接続)を制限していることがあります。

この場合、エラーが出ない範囲内でアクセスするしかありません。

原因3. サービスがメンテナンス中である

それほど多くはありませんが、サービスがメンテナンス中であることもあります。

    スポンサード リンク

    関連する記事

    ネットワーク , ,