mrxsmbとは? (mrxsmb.sysとは?)

2009/3/8 20:16
はてなブックマーク livedoor クリップ Buzzurl

一言でまとめると

  • ソフトウェアから”ファイル共有”"プリンタ共有”などを利用するときの橋渡し役です。

mrxsmb(mrxsmb.sys)とは?

SMB(Server Message Block) Redirectorのことで、主に、ネットワーク越しに”ファイル共有”"プリンタ共有”を利用するときに、それを適切に処理するための橋渡しの役割を持っています。

ですから、mrxsmbに冠するメッセージが出てきたときは、ネットワークが関係しているはずです。

リダイレクタ?

例えば、Excelなんかで作った表を保存するとしましょう。

Excelは、ハードディスクや、USBメモリ、ネットワーク上の共有ファイルなど、様々な場所に書き込むことが出来ます。それぞれ書き込み方法はバラバラで、特にネットワークはうまく通信を行わないとデータが消えてしまいます。

ここでリダイレクタの登場です。Excelは、「□□に△△を保存して」とリダイレクタにデータを渡します。すると、リダイレクタが保存先を調べて、その保存先にあった書き込み方法を選び、保存処理をしてくれるのです。

mrxsmbは、そのリダイレクタの1つ。リダイレクタのおかげで、Excelは何にも考えずに「保存して」と言うだけで保存が出来てしまいます。さすがです。

関連する記事

豆知識 , ,