Diagnostics-Performanceとは?

2008/12/30 15:55
はてなブックマーク livedoor クリップ Buzzurl
一言でまとめると
  • コンピュータの動作を監視して、改善出来そうなところがあればお知らせしてくれるところ。放っておいても大丈夫。
とはなんぞや?

(Microsoft-Windows-) は、コンピュータの動作を監視して、改善出来そうなところをお知らせしてくれるものです。

監視するのは、次のような項目です。

  • 起動と終了(シャットダウン)
  • スタンバイとその復帰
  • CPU、メモリの使いすぎ、ディスクのアクセスのしすぎ

そして,「ちょっと動作遅いんじゃない?」というときに,イベントログに情報を記録してお知らせしてくれます。

のログを見たときは

あくまでも「この辺、動作遅いですよ」というお知らせですので、そのまま放っておいても問題ありません。Microsoftも、下記のサポートページで「無視しても問題ありません」としています。

KB942910 Windows Vistaで,Diagnostic Performance/Operationalの「エラー」「警告」「重大(なエラー)」イベントが記録される

「じゃあ、意味がないんじゃ?」というと、そうではありません。コンピュータの動作が遅いと感じたときに、こうしたログを活用することで効率的に改善出来ます。

関連する記事

豆知識 , ,