トップ «前の日記(2006-06-01) 最新 次の日記(2006-06-03)» 編集

のろのろのろ雑記

2006|05|06|07|08|09|11|12|
2007|01|03|04|05|10|
2008|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2009|02|03|04|05|
2012|08|09|11|12|
2016|04|09|11|

2006-06-02 情報収集の方法

_ [Web]情報収集の方法

 SleipnirからOperaに乗り換えたのは、使い続けていくうちに細かなところに不満があったのと、Sleipnirに飽き飽きしてきたこと。Operaというブラウザが軽いらしいと聞いて、ただそれだけでOperaをインストールし、現在もOperaを使っています。

 それはどうでもいいのです。しばらくして、RSSという見慣れない単語がネット上に出現するようになって、OperaがRSSをサポートしました。「RSSとはなんぞや」と言っていた頃が懐かしく思えます。その時に、様々なWebサイトのRSSを生成している所を見つけて、片っ端からRSSを登録しました。OperaのRSS機能は「メーラー型」で、新しいアイテムは未読として増えていき、読み終えたものを削除していくことが出来ます。たくさんのニュースを、残さず目を通すようになりました。

 その後、RSSを提供するWebサイトは一気に増えました。また、特定文字列の間を抽出しRSS化するスクリプトも出現し、ますますRSSの存在感が増してきました。「はてなブックマーク」や「注目URL」といったRSSも登録し、インターネット上で注目されている事柄までもを、RSSで知ることが出来るようになりました。

 そして今に至ります。よく考えてみると、毎日巡回する1サイトや2chのスレッド、そして調べ物をする時以外は、全部RSSに依存するようになりました。自動的に増えていくRSSに目を通し、話のネタにする。これまでより圧倒的に小さな労力で、より大きなものを得られるようになりました。

 その一方で、自ら面白いネタを探すことがなくなりました。わざわざ探さなくても、RSSで流れてくるからです。もちろん、これは非常に良いことだと思います。ただ、これによって「面白いネタ」を得ることは出来ますが、「面白いネタ『を見つけた』」という事実を得ることは出来なくなりました。

 オチはありません。